まんが アトピー麻緒の梅姫石けん

アトピーはとにかく痒いという“心の平安が無い状態”終始付きまといます。

小さな頃の私は、アトピーという予期せぬ状態を理解できず、“何故?”と心の中で叫びながら、ひたすら痒く、ぽりぽり掻いて血だらけになっていました。

そして物心が付いてくると、腫れあがって傷んだ肌を見られたくないという思いが芽生え、心が淀み、“心の中まで見られたくない”に変わっていくのです。

痒みで掻いて細菌で悪化し黒ずむ肌は一向に治る気配が無く、自分の細胞を信じられない以前の私は、薬を塗って誤魔化すだけでした。

アトピーの原因や対処法は、専門家にお任せすることとし、この負の連鎖を止めるために私が注目したのは、掻きむしった肌を“沁みずに痛みなく洗うことができないだろうか?”という点でした。

細菌で悪化した肌を、強い殺菌成分を含んだもので洗うと、自身の必要な常在菌まで殺してしまいます。そうなると沁みるので薬に頼ってしまい、ピンクの肌なんて生まれようがありません。

しかし、自分自身が本来持っている常在菌のバランスをとることができれば薬は必要ありません。

“どんな成分の石けんが沁みずに、常在菌のバランスをとってくれるのだろう?”

悩みの出口は中々見つかりません。

これまでの私は、東洋医学で言われている表裏一体の病衣も次々と起こしてきました。いつもと少し違うものを食すとアトピーは悪化し、ちょっと体を動かして汗をかくと痒くてたまりません。

やがて私は、仕事や趣味に没頭したくても、ままならない日々を送ることになります。

そんな折、古代から脈々と受け継がれてきた、“心や魂の側面から病を診る”アーユルヴェーダ医学に出会い、“皮膚は臓器の一部であり、心の在り様が作用する”ということを知らされます。

痒みと奮闘することより、いつも皮膚感覚で生きてきた私は、

“皮膚は呼吸することで空気を通じて、地球の奏でる雰囲気を一番感じている”

“皮膚は心や魂を察知でき、人の奏でた思いという目に見えない気も感じ取っている”

という2つのことを直感しました。

成分ばかりに注目していた私は、目の覚める思いがしました。沢山の成分を試さなくても、目の前の全人の愛ある教えがあったのです。

“日本のお婆ちゃんの愛と智恵”“梅肉エキス、ムメフラール。”職人の手で守られ、鹿児島の指宿に唯一生息する、“芳樟、リナロール。”等々、皆、地球上にある“いのち”を大切に守り伝えている方々の手を経た“いのちの真心”そのものでした。

その光輝く“いのちの真心”と出会い、ようやく私は、“心から『いのち』を愛しむ人々の思い”と“無償の愛を持つ地球の『いのち』”という成分で構成されています。

それは正に、臓器としての皮膚を再生させる力を持つ

『自然の愛しみ』から産み出され、“生命力”を蘇らせてくれているのでしょう。

えぐち まお