洗うの大切

汚れた大気に肌をさらすことは、どうしても避けようがありません。

有害な刺激物質は、お肌にも心身にもストレスとなり、 様々な不調をきたしています。

お肌のトラブルで代表的なものが、荒れ肌と乾燥肌。どちらに対しても炎症を抑えるため、また、乾燥肌への水分を補給するため、

クリーム、軟膏、美容液などを

「塗る」(=足す)解決策をとっている人がほとんどで、「洗う」(=引く)ということを大切にしていない…。

忘れていませんか?「洗う」の大切。

お肌表面の状態*

 

皮脂層に…

合成界面活性剤が付着し、

皮脂に沈着すると、

お肌のバリア機能が崩れてしまい、

肌荒れは著しくなるばかり…。

分子の細かすぎる化学成分だと、(ナノetc)

表皮を荒し、

真皮層にまで届いてしまい、

毛細血管から全身へ。。。


汚れを落とすとは*

お肌は臓器の一部で、

外的刺激から体を守る等の役割があります。

もともと、特別にケアしなくても

十分その役割を果たすのですが、

唯一自分でできないこと、それは、

常在菌が食べてくれない汚れです。

自然界の中でリサイクルできない汚れ。。

多くは化学的な油汚れ。

油は水では落ちません。

油は油でしか落ちないのです。

汚れを落とすのに最適なのは、

お肌に刺激がなく優しい植物油。

それを原料にしている石鹸です。

外的刺激から体を守る等の役割があります。


皮膚常在菌の大切*

 

お肌表面には皮膚常在菌という善玉菌がいて、

菌たちが元気かどうかがお肌の状態を左右します。

洗顔料の多くには合成の界面活性剤や保存料が含まれていて、

その作用により常在菌が死んでしまい、

天然のクリームである皮脂を作り出せなくなってしまいます。

いつでも一定の常在菌が生きていけるように

皮膚の状態を保つことが、とても大切です。